金属のバネのない入れ歯 -バルプラスト-

ホーム < 入れ歯(義歯)

バルプラスト義歯は金属のバネをつかわない部分床義歯。
1956年にアメリカで開発されて以来、欧米を含む世界95カ国以上で認められたノンクラスプデンチャーです。

歯の表面に金属バネがないので、口の中にいれても入れ歯と気付かれません。
また、ナイロン12スーパーポリアミドという素材で作られています

バルプラストは壊れにくく、入れ歯の厚さがかなり薄くできるので装着感がよく、
一般に入れ歯にアレルギー反応をお持ちの患者様にも安心してお使いいただけます。

バルプラストの入れ歯・3大特徴

  • 弾力性の高い材質により薄い仕上がり、お口の中が快適です。
  • 装着した時は入れ歯の色調が同化しているため、一目では区別がつきません。
  • 金属のバネがないので金属アレルギーの心配もありません。

バルプラストの入れ歯とバネ式の入れ歯との比較

バルプラストの入れ歯

  • 金属のバネがないので入れ歯であることがわかりにくい。
  • 素材が半透明なので境目がわかりにくい。

  • スーパーポリアミドというナイロン系の素材で出来ているため、薄くて軽い仕上がりです。
  • 弾力性の高い素材を使用しているため破折にも強い。
  • 金属のバネがないので、残った歯を痛める事が少ない。

バネ式の入れ歯

  • 金属のバネがある。
  • どうしても境目が目立ってしまう。

  • 従来の素材で作るためバルプラストの入れ歯より重く、破折にも弱い。
  • 見た目ですぐに入れ歯を使用していることがわかってしまう。
  • 金属のバネの負担により残った歯を痛める場合があります。

入れ歯(義歯)

澤歯科医院では30年以上前から医院の中に歯科技工士さんを常駐させており、国際デンタルアカデミーの卒後研修を終了した優秀な技工士により、院内で技工物を作成しています。
院内ラボなので患者さんの要望に合わせて、精度の高い、審美的にもすばらしい技工物を仕上げることができます。また、入れ歯の修理も即日に行っています。

総入れ歯

歯の上側か下側のすべてに装着する入れ歯です。装着したときに違和感がある方は多いですが、最近は精巧なものが登場しており、インプラントとも組み合わせて使うことができるようになっています。

部分入れ歯

残っている歯を固定源として部分的に装着する入れ歯です。
口臭や歯周病の原因にならぬよう残っている歯と入れ歯をしっかりブラッシングしましょう。

磁性アタッチメント義歯

インプラントにより、人工歯根を入れて、アタッチメントを装着します。
磁石の力により、「カチッ」ととまるので、入れ歯と歯茎の間に物が挟まったり、取れにくく、しっかりかめることが特徴です。


Copyright (C) 2014 澤歯科医院 All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る