歯周病

ホーム < 歯周病

虫歯とともに歯を失う大きな原因の一つになっている歯周病。
いまや中高年だけでなく、若い世代にまで歯周病は広がっています。
口臭測定器で数値を測り、ブラッシング指導や定期的な歯のクリーニングをお勧めします。

知っていますか?35歳以上の約80%の方が歯周病にかかっています。

歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です。歯周病になると歯がぐらつき、歯ぐきから膿が出てきます。
そしてぐらついた歯が抜け落ちてしまうという恐ろしい病気です。
また、歯周病は歯を失うだけでなく、心臓病や糖尿病などの全身疾患にも悪影響を与えていると言われています。

歯周病のセルフチェック

歯周病は、日本人の約8割がかかっている、または予備軍であるといわれる国民病です。

  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • ブラッシング時に出血する。
  • 口臭が気になる。
  • 歯肉がむずがゆい、痛い。
  • 歯肉が赤く腫れている。
    (健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)
  • かたい物が噛みにくい。
  • 歯が長くなったような気がする。
  • 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。

*上記の項目3つあてはまる:油断は禁物です。ご自分および歯医者さんで予防するように努めましょう。
*上記の項目6つあてはまる:歯周病が進行している可能性があります。
*上記の項目全てあてはまる:歯周病の症状がかなり進んでいます。

歯周病を放置するとこんなに怖い!?

ちょっと歯茎から出血するぐらいだから、腫れているぐらいだから、といって歯周病を放置するとどうなるのでしょうか?実際、多くの人が虫歯よりもこの病気を軽く見ているせいか、長い時間放置されがちなのも事実です。
特にまだ痛みなどの症状がないうちは、その傾向がみられます。

しかし、歯周病を放置すると歯にとっては命取りになります。適切な治療を行わずに放置すると、歯茎の炎症だけにとどまらずに原因菌があごの骨を溶かし始めます。
こうなると歯がぐらついて痛み出し、食べ物を上手に噛めなくなります。ここまで来てやっと本格的な治療を開始する人が多いことでしょう。
しかし、それでも何もせずにさらに症状が進行すると、最終的には歯が抜け落ちてしまことになってしまいます。


でも、怖いのは歯が抜けて終了というわけではない点です。血液の中に原因菌が入り込んで全身を回るようになると体のあちこちに、炎症を起こして様々な病気を引き起こす原因となります。
さらに妊娠中である場合は、流産の確率も上がってしまうと言われています。

このような歯周病の怖さをしっかり認識して、できる限り早めに適切な治療を始めてください。

レーザー治療について

歯科に限らず外科、眼科、皮膚科など様々な医療分野でレーザーが使われています。歯周病が進むと、歯槽膿漏などになってしまします。このレーザー治療では、あまり痛みを感じることなく治療でき、ほとんどの場合、麻酔が不要で治療時間が短いのが特徴です。



Copyright (C) 2014 澤歯科医院 All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る