予防歯科・定期検診  ~予防が歯の健康を守ります~

ホーム < 予防歯科・定期検診、要介護の方の歯科治療

今注目されているのが「予防歯科」です。正しいブラッシング法を身に付け、プラークなどの原因を取り除くことが大切です。これまでの治療のように歯が痛くなってから治療するものではないのです。

これからの歯科は、治療する前に予防するという考え、予防するための受診が常識となりつつあります。これは治療後の健康な状態の維持や再発防止に大変役立ちます。定期的に通うことが大切なのです。

定期的に通う目安としては
・当院では、患者様の状態により異なりますが、3ヶ月~6ヶ月の間です。



親知らずについて

親知らずは抜かなきゃダメでしょうか?

当院では、状況にもよりますが、必ずしも親知らずは抜かなければいけないとは考えておりません。
将来的に歯牙移植や再生治療に利用できると考えています。できる親知らずを含め、すべての歯を残すようにしています。
親知らずを抜くかどうかお悩みの方は、一度ご相談ください。


抜かなくても良い場合

  • きれいに生えていて、虫歯にもなってない場合
  • きれいに歯磨きができ、虫歯にならないようにコントロールできている場合
  • 歯ぐきが腫れたり痛んだりしない、または症状があってもごく稀な場合
  • 虫歯になっても治療をしてその後虫歯にならないようにコントロールできる場合
  • 骨の深くに埋まっている場合(埋伏歯)

抜いたほうが良い場合

  • 虫歯になってしまい、歯が大きく崩壊した場合
  • 頻繁に歯ぐきが腫れたり痛む場合
  • 周囲の骨がほとんど吸収した場合

歯の移植(自家歯牙移植)

虫歯などで歯を失ったところに、親知らずなどの使っていない「自分の歯」を移植して生着させる治療です。
医学的には自家歯牙移植法と言われています。

移植する歯の根の形が良く、移植する欠損部の骨量があるなどの条件が必要となりますが、自分の歯を使うため副作用などはほとんどありません。

ご自身の歯の根をそのまま生かす治療ですので、10年以上長持ちしている患者さんも多くいます。

詳しい診査・診断が必要ですが、ご興味のある方はご相談ください。

要介護の方の歯科治療

車いすの方、身体障害者の方等、通院治療が可能な方は医院で治療致します。
訪問治療も可能ですが、医院にしかない機器などもございます。
そのため、極力、車いすの方等は、ヘルパーさんに付き添っていただいたり、医院の前まで来ていただければ、スタッフが車いすでそのまま診療室までご案内します。


Copyright (C) 2014 澤歯科医院 All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る