インプラント インプラント

ご自分の歯に変わる
「第2の永久歯」

インプラント治療には、他の治療方法とは比較できない様々な良さがたくさんあります。自然な見た目、自分の歯と同じ噛み心地、入れ歯のように取り外す必要がないなど、インプラントはご自分の歯に変わる「第2の永久歯」として活躍してくれます。

当医院の目標は歯を失わないことですので、インプラントの前に現在ある歯を抜かずにお守りし最終手段としてインプラントを実施いたします。
インプラント後には炎症対策として定期的なメンテナンスが必要となりますので、入れて終わりというわけではありません。
インプラントは手術ですので患者様のお身体の負担も考慮して慎重に実施いたしております。

予防が歯の健康を守ります

\インプラントは
こんな方へオススメです!/

インプラントはこんな方へオススメです!

インプラント治療に関して他院でご相談されて「断られた」という方でも、一度お気軽にご相談ください。

  • 食事の時、しっかり食べ物を噛めない
  • 入れ歯が合わない
  • 見た目が気になる
  • 常日頃違和感がある
  • 入れ歯をし始めて料理がおいしくなくなったと感じている

メリット

  • 自分の歯のような使いごこちです。
  • 治療で健康な歯を削らなくても良い
  • 入れ歯のように取り外す必要がない
  • 顎の骨を健康に保てます。
  • 見た目が良い。
  • 治療後もずっと快適に使えます。

デメリット

  • 手術が必要。
  • 骨の量が十分でない場合には、インプラントが出来ないことがある。
    (骨を作る手術をすれば可能となる場合もあります)
  • 治療期間が長い。
  • 歯周病などで歯ぐきが下がっている場合には、見た目の回復が困難な場合もある。
  • 値段が高い。

インプラントと従来治療方法との違い

総入れ歯

従来の治療

総入れ歯

両隣の健康な歯を削って土台にし、ブリッジで治療。

インプラント治療

総入れ歯

欠損部にインプラントを埋入し、人工の歯を単独で装備。

臼歯部から歯が欠損している場合

従来の治療

臼歯部から歯が欠損している場合

部分入れ歯で治療。
健康な隣の歯に維持のための鉤をかけるため、歯に負担がかかります。

インプラント治療

臼歯部から歯が欠損している場合

必要な本数のインプラントを埋入し、それぞれ単独で治療するか、インプラント同士を連結したブリッジとする。

完全に歯が無い場合

従来の治療

完全に歯が無い場合

土台になる歯が無いため総入れ歯となります。うまく合わない場合は食事がおいしくない、うまく話せない、外れやすいなどの問題が生じることがあります。

インプラント治療

完全に歯が無い場合

インプラントを土台にして入れ歯を安定させ、動かず、しっかりした義歯にすることができます。また、あごの状態によってはインプラントよって1本ずつの歯を自然な状態で再建することも可能です。

料金

インプラント 300,000円(税抜)~

※相談・検査・診断・治療までの標準料金