インプラント治療 ~ご自分の歯に変わる「第2の永久歯」~

ホーム < インプラント治療

インプラント治療には、他の治療方法とは比較できない様々な良さがたくさんあります。自然な見た目、自分の歯と同じ噛み心地、入れ歯のように取り外す必要がないなど、インプラントはご自分の歯に変わる「第2の永久歯」として活躍してくれます。

歯を抜けたままにしておくと、このような影響が出るおそれもあります

  • きちんと咬めなくなり、消化器官への負担が増える
  • 歯が抜けた部分に隣の歯が倒れ込んでしまう
  • 虫歯や歯周病ができやすい口内環境になりやすいです。
  • 咬み合わせが乱れる
  • 歯並びが乱れ、顔の輪郭が変わってくる
  • 顎関節症の原因となり、肩こり、あごの関節の痛み、関節音といった症状になる可能性も出てきます。
  • 歯が抜けた部分から息が漏れ、上手に発音ができなくなる恐れがあります。

澤歯科医院では、お早目の治療をおすすめ致します!

インプラントはこんな方へオススメです!

  • 食事の時、しっかり食べ物を噛めない
  • 入れ歯が合わない
  • 見た目が気になる
  • 常日頃違和感がある
  • 入れ歯をし始めて料理がおいしくなくなったと感じている

インプラント治療に関して他院でご相談されて「断られた」という方でも、一度お気軽にご相談ください。


インプラントのメリット・デメリット

メリット

  • 自分の歯のような使いごこちです。
  • 治療で健康な歯を削らなくても良い
  • 入れ歯のように取り外す必要がない
  • 顎の骨を健康に保てます。
  • 見た目が良い。
  • 治療後もずっと快適に使えます。

デメリット

  • 手術が必要。
  • 骨の量が十分でない場合には、インプラントが出来ないことがある。(骨を作る手術をすれば可能となる場合もあります)
  • 治療期間が長い。
  • 歯周病などで歯ぐきが下がっている場合には、見た目の回復が困難な場合もある。
  • 値段が高い。

インプラントと従来治療方法との違い

前歯部一本欠損の場合

従来の治療

両隣の健康な歯を削って土台にし、ブリッジで治療。

インプラント治療

欠損部にインプラントを埋入し、人工の歯を単独で装備。


臼歯部から歯が欠損している場合

従来の治療

部分入れ歯で治療。

健康な隣の歯に維持のための鉤をかけるため、歯に負担がかかります。

インプラント治療

必要な本数のインプラントを埋入し、それぞれ単独で治療するか、インプラント同士を連結したブリッジとする。


完全に歯が無い場合

従来の治療

土台になる歯が無いため総入れ歯となります。うまく合わない場合は食事がおいしくない、うまく話せない、外れやすいなどの問題が生じることがあります。

インプラント治療

インプラントを土台にして入れ歯を安定させ、動かず、しっかりした義歯にすることができます。また、あごの状態によってはインプラントよって1本ずつの歯を自然な状態で再建することも可能です。



Copyright (C) 2014 澤歯科医院 All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る